パワーコンディショナーによる発電量の調節

太陽光発電は、文字通り、太陽光のエネルギーを専用の太陽光パネルで受け取ることによって、これを電気に換える仕組みです。

そのため、十分な日射があることが、発電をする上での条件となってきます。


しかし、実際の天候を考えてみると、曇りや雨の日は年間にいくらでもありますし、朝方などは曇りや雨ではなかったにしても、やはり日射量としてはあまりにも少なすぎるため、太陽光発電には向いていない時間帯といえます。



このように、太陽光発電というのは、火力発電や原子力発電などとは違って、きわめてエネルギーのロスが大きく、安定して大きな電力を供給することがむずかしい発電方法になっていることがわかります。


しかし、家庭用の太陽光発電にかかわる製品のなかには、このような太陽光発電のデメリットを、できるだけ減らす方向での開発が進んでいるものがあります。


太陽光発電の仕組みのなかでは、パワーコンディショナーとよばれる製品が必要不可欠になっています。

このパワーコンディショナーは、太陽光発電をした直流の電力を、家庭でも利用可能な交流の電力に変換することを、主要な役割としている製品です。



家庭用のパワーコンディショナーのなかには、日射量に応じて、太陽光パネルの電圧と電流の大きさを自動で調節して、最適な発電量が得られるようにすることが可能な製品が登場しています。


このような製品をはじめから取り付けていれば、日射量が少ないときでも発電量を確保することが可能です。