パワーコンディショナーの寿命はどれくらい?

太陽光発電システムに対する期待が高まる中、その性能も向上しているとはいえ、寿命は当然ながらいずれは全うする時期が来ることを覚悟しなければなりません。

機械設備はメンテナンスをきちんとするかどうか、さらには使い方の頻度などが寿命に大きく影響することが考えられます。



例えば掃除機のようにどれくらいの使用頻度なのか、どんなふうに使用するかといった条件で寿命が大きく変わってくるものとは異なり、太陽光発電システムは一度設置してしまえば基本的に設置した側の使い方などで寿命が変わるものではありません。



太陽光発電パネルの寿命は大体20年から30年程度だと言われているのに対して、パワーコンディショナーの寿命は一般的には10年から15年程度だと言われます。

もちろん居住する地域の気象条件や居住環境や個体差などがあるので一概には言えないのですが、パワーコンディショナーの方が太陽光発電パネルと比較して寿命が短いのが一般的です。それは太陽光発電パネルが半導体の性質を利用して発電するもので機械自体が可動するものではないため摩耗することがないのに対し、パワーコンディショナーの方は可動する部分がある事からその部分が摩耗して劣化するためです。

稼働する部分の部品が経年劣化を起こして故障する可能性が高い事がパワーコンディショナーの方が太陽光発電パネルよりも寿命が短いと言われることの理由なので、定期的なメンテナンスは欠かすことができません。