パワーコンディショナーについて

太陽光発電システムを持つパワーコンディショナーというのは、太陽電池の構成単位である太陽電池モジュールで電気を起こすと、直接流れる電気エネルギーを行き来する電気エネルギーに変えるために必要な機器です。
直接流れる電気エネルギーのままでは通常、家の中にある電気機器を使用することが不可能なため、行き来をする電気エネルギーへ変えてしまうことで電気を発するエネルギーを使うことができるようになるのです。

このように電気機器を使用するうえで欠かせない太陽電池モジュールですが、転送されてくる電気エネルギーの電圧をある一定の決まった状態にし、所持する役目があるのです。



太陽の光エネルギーを利用して直接、電気エネルギーに変換する太陽電池で作られる電気エネルギーは太陽から放射されるエネルギーの強弱によって常に大きな変動を繰り返しています。

そのため、お家の中で使用できる電圧が一定になるようにパワーコンディショナーが電圧を決まった値に制限するように調整されているので安心できます。

数あるパワーコンディショナーには電圧を決まった状態に制限するための昇圧トランス器を内臓しているものもあるので、ご自宅で用いる場合はこのようなパワーコンディショナーがお勧めです。



パワーコンディショナーにはもう一つ大きな機能がついています。



それは自立運転機能というもので、電力を供給する会社の電気系統とは全く別に電気エネルギーを街中に転送できるのです。