パワーコンディショナーを使うときの注意点

パワーコンディショナーを使うときの注意点として、保証の適用範囲を確認しておきましょう。

太陽光発電システムを一式で販売しているメーカーの場合、他社の製品との組み合わせは考慮されていないので保証を受けられなくなることがあります。



また、発電効率を高めるために行われる過積載についても、近年は対応した製品が発売されていますが、以前のものは対応していないものも多く、過積載率が高くなると保証されないことがあります。パワーコンディショナーは壊れやすい機器なので、長く使えるように設置場所も考慮しましょう。


屋外型に設置する場合、太陽光が直接当たると内部温度が上昇して温度抑制による発電効率の低下や故障の原因になります。対策はされているものの、基盤が錆びないように雨も当たらない場所が良いです。

また、通風孔の近くに草が生えていると放熱の妨げになったり、内部に入り込んで故障することがあるので注意します。



屋内に設置する場合、配電盤の近くにすることが好ましいですが、スペースが取れないことも多いです。
パワーコンディショナーと配電盤の距離が離れてしまう場合、ケーブルを太いものにしておくと抵抗が下がるので電圧が上昇しにくくなり、電圧抑制による発電効率の低下を避けられます。

屋内でも放熱の妨げにならないように密閉した場所にはおかず、通風孔の前に物を置かないようにします。

埃が溜まると放熱しにくくなるので、定期的な清掃も必要です。