パワーコンディショナーと過積載対策

太陽光発電を家庭で導入するにあたっては、さまざまな設備を最初に組んでおく必要があります。
有名どころとしては、屋根に載せるタイプ、または屋根材にはじめから組み込まれている太陽電池モジュールがありますが、そのほかにも忘れてはならないものがたくさんあります。

たとえば、パワーコンディショナーとよばれる設備は、太陽電池モジュールからつながっている箱型の設備で、外付けで屋外の壁などに設置されている場合と、洗面所や脱衣室などの屋内に設置されている場合とがあります。



このパワーコンディショナーは、太陽光発電で得られた電力を、直流から交流に変換するなどの役目を果たしています。

一般家庭でコンセントから電力を得て家電製品を動かそうとする場合、すべて交流になっていますので、直流のままでは使うことができませんし、電力会社に売却することもできません。



そのため、このパワーコンディショナーの存在が重要になってきます。



太陽光発電では、パワーコンディショナーの容量よりも、太陽電池モジュールを増やすことによって、発電量も増やすことができ、これを過積載とよんでいます。過積載をするためには、実はパワーコンディショナーのほうも、それに対応できるだけの能力をもった製品でなければなりません。
現在の家庭用の製品のなかには、このような過積載にも対応可能なものが登場しており、家庭でも取りこぼしなく、十分な発電量を確保することができるようになっています。